ボカロ選

推薦ボカロ曲を紹介しています

2018年4月ボカロ11選

2018年4月ボカロ特選になります。

ご参考にして下さればこれ幸いです。

選んでるポイントは、最終的には「好み」ですのでよろしくお願いします。

ここに無い曲も、どれも至極の逸品ぞろいであると言いきれますので

ぜひ他の選曲もチェックしていただけるとこれ幸いです。

全てのアーティストに感謝します。

 

 

順不同

 

美しいメロディー、アグレッシブなアレンジ。

サビの熱量。パワー。全体の聴きごたえ、ボリューム感。

すばらしい。何度でも聴きたい。

 

 

句音コノ。

サビからの人間味溢れるボイス鳥肌。

ピーク感あるサビが最高。小さくて真っすぐな目の少年がそこに

立っているような感覚を覚える。

 

 

作曲者のボーカル入りと思われる。離別の曲と想像。

最初の悲痛に喘ぐ声が、嘆きであり、ミクのボーカルが伝えたいことであろうか。

心を最も震わせる感情が感謝であり祈りだとしたら、この曲はそれを感じ取れる。

 

 

全体的に丁寧な作りのハイテンションなロックナンバーだが推したいのは

サビまでの、サビの、サビからの流れに一貫した透明感だろうか。

人生という地に踏ん張ったまま、宇宙にまで意識を馳せる、透明感がある。

 

 

この作曲者は多作で制作ペースも早く、アレンジ・作詞・メロディのセンスが

揃っている。

この曲はエレクトロとオーケストラの融合したアレンジ、静と動のコントラスト

が聴きどころだろう。兎も角メロディがただただ美しい。

 

 

高いポテンシャルのある一曲。

一聴すると懐かしさを感じるメロディ。サビも爆発力があるわけではないが、

サビ含めた全体がバランスの取れた良曲。伸びてほしいのでセレクト。

 

 

映像美もさることながら、音を楽しむ気持ちよさがある一曲。

小刻みなビートに耳を傾けると、身体が弾けるような高揚感を感じることができる。

目を閉じて宇宙的な世界に浸るもよし。大画面で音と映像に踊るも良し。

 

 

リズム良い。ボーカルの一聴すると不安定な感じからの、

サビの安定したメロディにつなげる手法も面白い。

 

 

うますぎるアレンジ。懐かし系シティポップと言いつつも、

ファッションも音楽も良いものは古さを感じさせないように

この曲もまた心がときめき、ワクワクする。(作者の意図に反して?)

古さは感じない。今聴きたいポップソング。

 

 

この曲の「あなた」はもういないのだろう。それを思うと

切なさが倍増する。誰もが大切な人を失った時に直面する深い悲しみ。

掻き立てるギターとボーカルのメロディーが見事に表現している。

 

 

サンセットな横丁の奥まったところにある場末のバーのBGMに最適。

狙い通りの曲が作れるという事は、相当そのジャンルに造詣が深いのではないかと

思われる。どんな年齢層の作曲家がボカロを調整しているのかと想像しニヤリとする

 

 

とりあえず第一回は以上になります。

ホントはもっと紹介したいのですが、数が多いとそれはそれで

ピンポイントに狙えない部分がありますので、まずはこれにて。

選曲に興味を持たれた方は過去記事かツイッター

https://twitter.com/tukkendoon

か、過去記事をご覧ください。

5月も頑張りたいので応援してください(笑)

それではここまでご覧くださり感謝します☆